世界で最年長の生物

greenland-shark-in-water

最近発見されたグリーンランドシャークは、512歳だろうと確認されました。

これは、おそらく世界の生きた脊椎動物の中で最年長だと思われます。
脊椎動物の中でもグリーンランドシャークは、生存期間が最も長いため、その個体が最年長として確認されても、あまり驚きはないかもしれません。

しかし、この生き物が1505年という遠い昔に生まれたであろうという事実は、やはり驚異です。海洋生物学者で、グリーンランドシャークの寿命の研究チームを率いているジュリアス・ネルソン(Julius Nelson)は、「もうこの生き物は、我々の常識を超えています。紛れもなく、これは世界で最も歳をとった動物であると考えられるべきでしょう」と語っています。

512-year-old Greenland shark may be the oldest living vertebrate on Earth