サンゴ礁への脅威

clownfish

人類のプラスチックへの執着が、自然が作り上げた驚異の一つ、サンゴ礁を破壊しているという新たな証拠が現れています。

単に美しいというだけではなく、サンゴ礁は呼吸をする生命体で、生態系として命に満ち溢れています。サンゴ礁が占める面積は、世界の海洋表面の0.1%未満にすぎませんが、海の全ての生物の25%に、それらが不可欠な生息地を提供しています。そして、サイクロンや海面上昇から沿岸地域のコミュニティを守る重要な役割も果たしており、2億7千5百万の人々が食料や生活をサンゴ礁に直接依存して生きています。

しかし、今サンゴ礁は多くの地域で、脅威にさらされています。
私たちは、過去30年の間に気候変動、過剰漁獲、そして陸上でのさまざまな活動に起因した海洋温暖化により、世界のサンゴの50%を失ってしまいました。

今年のサイエンス誌に掲載されたアジア太平洋地域の159のサンゴ礁調査では、驚くべきことにサンゴに絡み合った11億1,000ものプラスチック製品があるとの推定がなされました。この数字は、今後7年間でさらに40%増加すると予測されています。

(UNEP本部 News&Stories 3月5日より要約)

Marine plastic: a new and growing threat to coral reefs