夕食のプラスチック

microplastics-carousel

今、プラスチックは世界の水路を汚染していますが、それは普通の人々の腸内でも多量に見つかりました。英国の研究者は、英国に居住する市民は、毎年平均7万片のマイクロプラスチックを消費していると判断しています。
雑誌『Environmental Pollution』に掲載された調査によると、科学者たちが、いくつかの英国の家庭で、夕食の際にディナープレートの隣に粘着性のシャーレを配置したところ、わずか20分後には、各シャーレに平均14片のマイクロプラスチックが集まったそうです。
研究者はこのデータから、各ディナープレートには衣類、タイヤ、カーペット、および日常生活に関連した様々なプラスチック製品に由来するマイクロプラスチックが、おおよそ100片蓄積していると推計しています。

(TUNZA: UNEP’s magazine for youth. 4月12日より要約)
https://www.facebook.com/TUNZAmagazine