CATEGORY

汚く見える水を飲むことをどのように感じますか?

毎日世界中で800名以上の子供が、汚染された水や劣悪な衛生環境が原因で亡くなっています。 6億6,300万人の人々は、喉が渇いても清潔な水を入手することができません。 . この現状を多くの人に知ってもらおうと、ロンドンを…

今はオーストラリアで、もうすぐ世界でも

ジャン・パルティコフ (JEAN PALUTIKOF) グリフィス大学国立気候変動適応研究ファシリティ(NCCARF) オーストラリア・ゴールドコースト “最高か最悪か”と形容されてきたオーストラリアの気候は、先進諸国で…

ウォーターニュートラルへの道

アジト・グラブチャンド (AJIT GULABCHAND) ヒンドゥスタン建設取締役会長 企業の継続性と水資源の効率的な利用には相関関係がある、そのことをわが社はずっと以前から認識してきました。 我々は、2つのタイプの不…

自然に適応する

ジュリア・マートン=ルフェーブル (JULIA MARTON-LEFÈVRE) 国際自然保護連合(IUCN)事務局長 気候変動がもたらす悪影響について耳にする機会が、ますます増えています。この地球上には、乾燥がひどくなっ…

都市の環境保護政策

ティム・カステン (TIM KASTEN) UNEP政策開発課長 都市環境活動管理担当 地球規模で考え、地域から実践しよう──。このスローガンは、何十年もの間あちこちで掲げられてきました。しかし世界中急速な都市化が進み、…

スラムのない都市

アンナ・ティバイジュカ スラム居住者の生活の向上と、新たなスラムの増加を抑止するために、大胆な政策を呼びかける。 都市のスラム街に暮らす人々は、今や世界中で10億人にのぼり、その数は今後25年で2倍になると予測されていま…

給水と廃水設備の確保をめざして

マリア・ムタガンバ (Hon. Maria Mutagamba) ウガンダ水担当国務大臣、アフリカ水閣僚会議議長 祖国ウガンダが、町と都市に生活用水と廃水処理の設備を確保することで、ミレニアム開発目標を達成しようとしてい…

7つの水のイノベーション

1.ごみの地図 コレラなど水が原因の病気は、公衆衛生が不足しているため、南アジアで2番目に多い子供の死因だ。 たとえばパキスタンでは、適切な下水インフラを利用できるのは人口の18%にすぎない。若いテクノロジー起業家ファイ…

ハイテクではなくシンプルに

小さいことが美しいなら、シンプルなことは往々にして効果的である。 地域の原材料と技能を使ったわかりやすい解決策は、たいていハイテクを差しはさむよりうまくいく。特に資源が限られている遠隔の地ではそうだ。 そうした解決策が、…